相続のトラブルは弁護士にしか解決できません。

相続を弁護士に相談するメリット

■相続のトラブルを解決できるのは弁護士だけ

相続は“争続”と呼ばれるほどトラブルが多発するものです。
仲の良かった家族や親戚とも相続を機に絶縁状態…ということも少なくありません。
しかしそんな結末は誰も望んでいないでしょう。そんなとき、弁護士が必要不可欠です。
弁護士というのは普段から紛争性のある案件を主に扱っています。例えば離婚問題や刑事事件などです。
いうなれば紛争解決のエキスパートなのです。
紛争解決は司法書士や行政書士には法律上行うことができません。
弁護士はその経験と専門的な法律の知識を駆使し、解決まであなたのサポートをします。
また、被相続人が健在なら、遺言書を法律に基づいた適切な書き方・内容で作成し、トラブルを未然に防ぐことも可能です。
遺言書作成や遺言執行者などご依頼者の終活のお手伝いをします。

■弁護士はあなたの代理人となり交渉や調停・裁判を行ってくれる

相続の際、弁護士以外にも司法書士や行政書士、税理士などにも手続きなどを依頼できます。
しかし、あなたの代理人となり他の相続人との交渉(遺産分割協議)や遺産分割調停、家庭裁判所に出席できるのは弁護士だけなのです。
揉めている相手と顔を合わせたくないという方や、仕事で忙しいといった方の代理人となり
法律の専門家としての知識や過去の相続案件の経験をもとに依頼者にとって満足のいく結果を目指します。

■あなたの負担を軽減

相続の手続きは複雑で、かつそれぞれ期限があり多大な労力を要します。
例えば名義変更を行いながら相続人調査や財産調査、遺産分割の話し合い(遺産分割協議)、
そして遺産分割協議書という遺産分割の方法を明記した書類の作成などを行わなければなりません。
仕事や普段の生活をしながら相続の手続きを行うというだけでも大変なのに、
トラブルが発生したらあなたにかかる負担はとても大きなものになります。
例えば相続人調査では代わりに戸籍謄本を取得し(もちろん厳重に管理します)、
法律上定められた相続人を全員捜索することが可能です。
ちなみに、遺産分割協議では相続人すべての合意が得られないと無効となります。

以上のように、相続の際は、複雑な手続きを弁護士に任せ、かつトラブルが発生した際は解決へと導いてもらうのがベストな選択です。
気になる弁護士費用ですが、相談料、着手金、報酬金にその他実費等があります。
相談に関しては無料という法律事務所が増えているので弁護士の敷居は低くなっています。

本サイトには全国の法律事務所を多数掲載していますので、お近くの法律事務所を検索されてみて下さい。

人気のある記事

最近の投稿

会社名
株式会社○○○○○○○○