遺産分割の流れ

故人の財産について、相続人が一人の場合はもちろん、故人の遺言書により各相続人の財産の取り分が明記されている場合は問題ないのですが、

決められていない場合は遺産分割をすることになります。

この遺産分割は相続の中で最もトラブルが発生しやすいもので、遺産分割についてある程度知っておく必要があるかと思います。

ここではこの遺産分割の流れについてご紹介していきます。

遺産分割協議

各相続人の遺産の取り分について、共同相続人全員が集まり協議します。

遺言書で遺言執行者が指定されている場合は、その執行者が法定相続人の代表となり手続き等を進めていきます。

話し合った結果、相続人全員が合意すれば確定となり、遺産分割協議書を作成します。

また、遺言書で指定された相続分や法定相続分に関しても、相続人全員の合意した場合従う必要はありません。

協議の際、寄与分や特別受益などについても話し合わなければなりません。

※相続人全員が参加していないとその遺産分割協議は無効となります。

遺産分割協議の手続きの流れ

遺産分割調停

遺産分割について協議を行っても相続人全員が合意できなかった場合、家庭裁判所へ調停の申立てを行うことになります。

遺産分割調停では合意した相続人、合意できなかった相続人、そして第三者として調停委員が仲介に入り、相続分について調停を行います。

月に一回ほど開かれ、1年ほどかかるということも珍しくありません。

遺産分割調停の流れや手続き

※調停では交渉が重要となってきます。そうした場合、自分の意見が通らないこともあります。

そういったことのないよう、弁護士に依頼するというのも一つの手です。

遺産分割審判

調停でも遺産分割について相続人全員が合意できなかった場合、審判へと進みます。

各相続人の意見を考慮し、家庭裁判所が遺産分割の審判を行います。

この審判に納得がいかない場合、即時抗告をすることができます。

即時抗告をした場合、高等裁判所で抗告審が行われます。

遺産分割審判の流れや手続き

※即時抗告は、審判の結果の告知がされてから2週間となっています。

遺産分割の実行

遺産分割の協議・調停・審判などにより、分割が決定されたら、土地や建物など(不動産)故人の名義だった財産の名義変更(相続登記)などの手続きをします。

その後相続税の申告となります。