相続の弁護士費用の相場

遺産相続の場においてはトラブルがつきものです。普段は仲の良い親戚同士でも、財産が絡んでくるとどうしてもトラブルを招きがちです。

親族ともなれば冠婚葬祭の場など様々な場面で出会うことになりますので、できることならトラブルは避けたいものです。

そこで少しでも相続トラブルを回避したいのであれば、その道の専門家である弁護士の力を活用するといいでしょう。

しかしながら弁護士と聞くと費用が心配になる方も多いかと思います。

そこで相続の代理人や紛争解決を依頼した際の弁護士の費用や相場についてご紹介していきます。

※あくまで目安ですので、実際の費用は相談先の法律事務所にご確認ください。

 

まず弁護士の報酬体系としては、相談料、着手金、報酬金、その他交通費などの実費です。

相談料

弁護士に依頼する前の法律相談にかかる費用です。

相場としては30分5000円という法律事務所や、初回無料という事務所もあります。

着手金と報酬金

弁護士への相談を終え、実際に依頼となった際発生する費用と解決後に支払う費用です。

これは依頼内容によって異なりますので、項目別にご紹介していきます。

遺言書作成

被相続人が生前に作成する遺言書の依頼料です。費用の相場としては10万~20万円となっています。

遺言執行者

遺言執行者とは被相続人の遺言書に記載された内容が、実際に執行されるようにする者です。

その遺言執行者の費用は相続財産や相続人の人数により異なり、例えば相続財産が300万~3000万の場合は相続財産の2%+24万円といったところです。

遺産分割協議

遺産分割の方法などを話し合う遺産分割協議ですが、弁護士に依頼した際の費用はの相場は遺言執行者と同じく相続財産により異なります。

300万~3000万の場合は着手金が20万~30万円で、報酬金が相続財産の10%といったところです。

遺留分減殺請求

遺留分減殺請求を弁護士に依頼した場合は、意思表示のみであれば3万~5万円で、

調停や訴訟となった場合、300万~3000万の場合は着手金が相続財産の5%+9万円、報酬金が相続財産の10%+18万円といったところです。

相続放棄

相続放棄を弁護士に依頼した場合、申立手数料として10万円程度がかかります。

 

その他実費

その他実費等は依頼内容により異なりますので弁護士にご確認ください。

ちなみに、例として挙げると

交通費や切手代、印紙代、郵送代、手数料などがあります。

 

相続の弁護士費用は誰が払う?

相続の弁護士費用に関する質問で、弁護士費用は誰が払うのかといったものを見かけますが、

結論としては弁護士に依頼した方が支払います。

例えば2人兄弟の遺産分割協議などで、兄が依頼した弁護士と弟で話し合いを行い分割方法を決めたという場合であれば、兄が弁護士費用を支払います。