相続における限定承認の手続きの流れやメリット

限定承認とは簡単に言うと遺産相続の方法の1つです。

遺産というと、土地や建物や現金などをイメージする人が多いですが、それだけではなくマイナスの遺産というものも存在します。

端的に言えば借金のことです。遺産を相続するというのは、土地や建物などのプラスの遺産だけでなく、借金などのマイナスの遺産も受け取るということです(単純承認)。

しかし、借金なんて相続したくないという人も当然います。そんな時は相続放棄をすることが可能です。

相続放棄というのは、文字通り、相続の権利を自ら放棄することで、これを行えば借金などのマイナスの遺産を受け継ぐことは一切ありません。

相続放棄について詳しくは相続放棄の手続きの流れや必要書類をご覧ください。

プラスの遺産よりマイナスの遺産の方が遥かに多い場合は、相続放棄をしてしまった方がいいでしょう。

一方、プラスの遺産とマイナスの遺産が拮抗しているような場合は、限定承認を選択する方法もありえます。

限定承認のメリット

限定承認とは、相続によって得た財産の限度で借金を払うというものです。

限定承認では、遺産を清算して借金などを返済し、それでもなお遺産が残れば、それは自分のものとして相続できます。

また、遺産を全部清算して借金返済にあててもまだ借金が残っていたとしても、相続した遺産の限度において借金を返済するのですから、

それ以上の借金を負わされる必要はないというメリットがあります。

限定承認の手続き

限定承認は、相続の権利を有する人の全員が承諾しないと実行できません。

限定承認を行うには、相続を知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所に限定承認申述書や財産目録などを提出するといった手続きが必要になります。

その後、財産を清算し借金などを返済に当て、残った分は自分のものとして相続できるというような流れになります。

相続放棄の場合も同じで、3ヶ月以内に家庭裁判所に申述書を提出します。相続は複雑な手続きが多いので、不安なら弁護士に相談してみるといいです。