相続で相談するなら弁護士・司法書士・行政書士・税理士の誰か?

相続について専門家に相談する場合、その内容が依頼した専門家に合っていないと、無駄に時間とお金を浪費する事になります。

一般的に相続について相談する専門家は、弁護士、司法書士、行政書士となります。それぞれの特徴を大雑把にまとめると、弁護士は他の士業の業務を全て行う事ができ、司法書士は一般的な手続きを、行政書士は一部の手続きを業務として行います。

弁護士は大抵の業務を行うことができますが、主に遺産分割について紛争性がある場合、その本領を発揮します。

遺産分割協議や調停の代理、遺留分減殺請求など、スムーズに話が進まない場合に代理となって交渉を任せるのができます。

もちろん、書類の作成や手続きなどを任せることもでき、トラブルが起きていなくても、後のトラブルを未然に防ぐため依頼する方もいます。

司法書士は、一般的な相続に関わる手続きを依頼します。

主に遺言書や財産目録、遺産分割協議書の作成、預貯金の解約手続、遺産に不動産がある場合の名義変更、相続人の調査、代行として相続放棄手続などを任せることになります。

費用は弁護士や税理士より安く、行政書士よりは高いです。

行政書士は、主に遺言書、相続関係説明図、財産目録、遺産分割協議書の作成を行います。

司法書士と違い業務の範囲が狭く、一般的に遺産分割協議書の作成のみを依頼するといった形で依頼するので、費用も安いです。

また、税金が発生する場合は税理士に申告書の作成と提出を依頼することになりますが、実際に税金が発生するケースは5%以下と言われているので、税理士に依頼することはほとんどありません。費用は、遺産総額によって異なるのが一般的です。

以上のように、相続のトラブルを解決できるのは弁護士のみで、書類作成や手続き等においても弁護士なら大抵のことはできます。