相続でよくあるトラブル

遺産となるような財産はほとんどなく、トラブルになる事はないと思っていても、意外と揉めるのが相続です。どのようなトラブルがあるのでしょうか。

相続でよくあるトラブルの中でも代表的なものが、【遺産分割】と【財産調査】、【相続人調査】に掛かるものです。

遺産分割であるトラブル

遺産分割では、良く知られているように裁判などで骨肉の争いになることも多々あります。

例えば、同居や介護、長男などを理由に遺産を全て相続しようした場合や、反対に同居や介護などをせず疎遠にしていたのに権利だけを主張する場合などは、トラブルになることも可能性は高いです。

財産調査であるトラブル

財産調査では、生命保険金の受取人であったり、財産を隠したりするケースがあります。

特に生命保険金は相続の節税対策として有名ですが、生命保険金はその保険料を負担した人と保険金の受取人によって、相続税、所得税、贈与税のいずれかを負担することなります。

亡くなった人に掛けていた保険金だからと言って、遺産に該当するとは限りません。

相続人調査であるトラブル

相続人調査では、予想外の人が相続人となる場合にトラブルが起こります。

例えば、遺産を受け取る資格が無かったり、廃除されていたりする場合や、それに伴い廃除された人の子供などが遺産を受け取る代襲相続がある場合、

さらに隠し子が居た場合、連れ子などを養子縁組をしていた場合、相続人が行方不明である場合などが考えられます。

他にも、遺言により遺産の分配を決められている場合は、遺留分を求めて裁判となることもあります。

遺留分とは、例えば遺言により遺産の全てを寄附する、あるいは特定の人に譲るなどした場合、残された家族が大きな不利益を受ける事を避けるために、遺産の一部について残された家族が受け取れる事を保証することを言います。

つまり、遺言を尊重しつつ、遺留分を請求された場合は、その遺留分を民法によって保証するということです。

また、遺産が固定資産などで分割することが困難である場合や、未成年者の親権者がその権利を濫用し、未成年者に不利益となる遺産分割を行った場合などもトラブルの原因となります。