関東の弁護士

相続 弁護士 東京

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京の貯蓄額は、1世帯あたり2000万円近くあり、全都道府県で最も高い水準です。沖縄県と比べると4倍の差があります。

有価証券での貯蓄が多いのも東京都の特徴で、貯蓄額の17%を占めています。他府県よりも運用している金額が多いことがわかります。

全国的に貯蓄率は低下し続けており、今後は東京の貯蓄額も減少していくと予想されます。
東京の高齢者の人口の割合と推移を見てみると、この20年は65歳以上の高齢者の割合が増加し続けています。

高齢化社会と言われ始めた平成5年が12%であるのに対し、現在では20%を超えています。

東京はまだ人口が増え続けていることから、地方に比べると高齢化率は低く抑えられていますが、現役世代の人口減少から、東京の高齢化率は最盛期で35%ほどになると言われています。

高齢者が増えることで将来的な死亡件数が増えることから、相続の問題がこれまで以上に多く発生するでしょう。
東京の相続税の申告率は亡くなられた方のうち、25%ほどです。そのうち納税したのが10%ほどです。

平成25年の相続法改正で基礎控除額が3000万円に引き下げられたことと、一部の課税段階で相続税率が引き上げられました。

これにより、申告が必要になる方は全体の50%近くに、実際に納税する必要がある方も20%近くに増加すると言われています。

全体の半分に相続税の問題が関係してくることで、相談をする対象として税理士や司法書士の需要が高くなるでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*