相続で弁護士に相談するタイミング

本当は相続に関して弁護士に相談するというようなことがないのが一番なのです。それで済むのは、もめごとやトラブルの発生がなく、円滑に相続が完了することになるからです。

多くの人が弁護士を使うのは、もめごとなどが起こり、当事者間だけでは解決できないということから、弁護士に相談し、様々な法律手続きを経て一件落着ということになりますが、こうした経緯をたどりますと、土地や家の分割や譲渡あるいはお金の分配ということでの結論は出たとしても、身内の間などで感情的なしこりが残り、その後の人間関係やお付き合いに支障を来すということになってしまいます。

したがって、弁護士に相談するタイミングですが、最も良いのは被相続人が生前に行うことです。遺言書のことや分配での配慮点などまで、様々な経験や事例から適切なアドバイスをいただけるからです。

もちろん、弁護士が入って遺言書の手続きをきちんとしたからといって、円滑で問題が全くない相続手続きが完了するという保証はありません。しこりの残ることもなきにしもあらずです。

それでも、何の準備もしていないまま、被相続人の最期を看取ったのは私だとか、衣食を長い間してきたのは私だとか、あらかじめお金をもらっていた人がいるとか、トラブル材料を抱えたままであると、身内同士で弁護士を立てて争うというような醜い結果を招来しやすいことになるわけであり、それを防止できる可能性はとても高くなります。

 

しかしながらこちらを読まれている方はすでに相続の遺産分割協議が始まっている、トラブルが起きているという方が多いかと思います。

遺産分割協議も法定相続人全員が相続分に納得して話し合いだけで解決していればいいですが、もし、少しでも意見が分かれていたりトラブルになりそうという場合は早めに弁護士に相談しましょう。

相続のトラブルを解決できるのは司法書士でも行政書士でも税理士でもなく、弁護士だけなのです。