相続でいい弁護士の選び方

相続が得意な弁護士を選ぶ

弁護士のベストな選び方としては相続についての知識の豊富さ、取り扱ってきた案件の豊富さがポイントとなってきます。

実務の経験の多さが信頼して依頼をできる弁護士かであるかを判断できる材料となります。

事務所の規模

また、実際に弁護士へ依頼をする場合、個人事務所より法律事務所を構えている人物である方がいいでしょう。

なぜならば、事務所を構えている場合にはそこに在籍しているスタッフの数も多く、その分だけ信頼のおける人にめぐり合える可能性が高くなるからです。

さらには事務所を構えているところでは過去の案件の資料が蓄えられているため、依頼者が抱えている相続の問題についてよく似たケースを調べることで最適な解決策をすぐに探すことができ、未然にトラブルへの発展を防止することができるからです。ちなみに、専門家に相談するというと司法書士や行政書士、税理士があげられますが、紛争解決を行えるのは弁護士だけです。

報酬体系

弁護士を選ぶ際、気になるのは弁護士費用ですね。弁護士の報酬体系としては相談料、着手金、報酬金、その他実費等があります。

最近は初回相談無料、もしくは何度でも無料という事務所もあり、気軽に弁護士に相談を行うことができます。

また、完全成功報酬型で着手金も無料とという事務所もみられます。

 

相続で弁護士に依頼すべき理由

相続というものはいずれ誰もが経験することです。

しかしながら、実際に相続が発生した際には相続人たちの間で遺産の分割について意見が分かれてしまい、思わぬ相続トラブルに発展してしまうこともあります。

ときには遺産の分配を巡っての意見が分かれてしまい長期間にわたって争う破目になってしまうことも少なくはありません。

相続トラブルに発展してしまわないためには、相続や相続税に関する知識や経験が豊富な弁護士に依頼をするというのもひとつの有効な手段となります。

遺産を受け継いだ際にはその額に応じて相続税が課税されることになりますが、その申告のときに手続き方法を間違えてしまうとさまざまな特例を使用することができなくなってしまします。

そのような手続きの方法を間違ったことによる相続税の負担の増大をなくすためにも、弁護士といった専門家に相談をして適切なアドバイスをもらうことが大事になってきます。